小学校入学祝いの手紙の書き方文例
初めてのランドセル、初めて一人で通学、初めての給食……。
小学校に入ることは、子どもの「自立」の節目でもあります。

小学校の入学では、手紙は親あてに書くのが基本ですが、
話題の中心はやはり入学する本人のこと。

これまでとは違う「初めて」を具体的に挙げながら、
「楽しみだね」「がんばってね」の応援エールを送りましょう。

小学校の入学祝いの手紙に使える文例を紹介します!

  • 親あてのお祝いの文例!
  • 本人あてのお祝いの文例!
  • 書き方のポイント!

などもまとめているので、小学校の入学祝いの手紙の書き方をマスターしちゃいましょう^^


スポンサーリンク

親あてのお祝いの一言文例!

  • 花便りの聞かれる季節となりました。
  • 春爛漫の好季節に、○○ちゃんのご入学、ほんとうにおめでとうございます。
  • このたびは○○ちゃんがいよいよ小学校へご入学とのこと、心よりお祝い申し上げます。
  • あの小さかった○○ちゃんが、はや小学生とは……、私も感慨深い思いでおります。
  • お嬢様(ご子息様)のご入学を心よりお喜び申し上げます。(あらたまった相手に)
  • 難関を突破されてのご入学、親子三人四脚のご努力に感服しております。ご感激とお喜びもひとしおのことでございましょう。
  • ご希望の小学佼に見事合格なさったとのこと、心よりお祝い申し上げます。
  • ぴかぴかのランドセルを前にして、○○ちゃんもご両親も夢がふくらんでいることでしょう。
  • ご入学を目前にして、○○ちゃんもわくわくドキドキの毎日をお過ごしのことでしょう。
  • クラスのみんなと仲良くいただく給食も、楽しみですね。
  • お母様に手を引かれて歩いた道を、春からは一人でたくましく渡っていくのですね。
  • ご両親様の子育てもこれで嬉しい一段落。喜びとご安堵もひとしおでございましょう。
  • これまで子育てにお忙しかった〇〇さんにも「おめでとう」を言わせてください。
  • 何かお祝いの品をと思ったのですが、お見立てする自信がございません。失礼とは存じますが、必要な学用品などの準備にあてていただければ幸いです。(現金を贈るとき)
  • 本が大好きと伺っておりましたので、わずかですが、お祝いのしるしに図書券を同封させていただきました。
  • これからの小学校生活が実り多きものとなりますよう、願っております。
  • 楽しく充実した小学校生活をお送りになることを、心よりお祈りいたしております。
  • 明るく元気に通学してくださいね。

スポンサーリンク

本人あてのお祝いの一言文例!

小学校入学祝い(本人あてのお祝いの一言)
▲小学校入学祝い(本人あてのお祝いの一言)
登場人物A

お祝いの金品と親あての手紙とともに、入学する本人へのひとことをカードなどで添えると、より丁寧です。


スポンサーリンク

さいごに

ひらがなを習うのは小学校に入ってからですが、実際にはすでに読めるお子さんも多いことでしょう。短くても本人にあてたひとことを添えると、お子さんも「一人前に扱われた」嬉しさを感じることができるでしょう。

最近は、いわゆる「お受験」をして入学するケースも増えています。その場合は受験合格を祝う表現も盛り込むのが自然ですが、合格したという結果よりも、親子の努力をたたえることに重きをおき、「名門校」「有名校」「教育熱心」「英才教育」などの表現には、揶揄する調子が感じられることがあるので避けたいです。