9月の挨拶文・季節の挨拶・時候のあいさつ文例

9月は夏から秋へと移り変わる季節です。
行楽シーズンだったり、夏休みのお礼や報告など手紙を書く機会が増えます。

手紙を書くシーズンとも言えますね。
9月ならではの季節感をあらわした手紙を送りたいものです。
手紙は書き慣れていないと、なかなか書き進められないので面倒に感じてしまいます。
気持ちがあるぶんもったいないです^^:

そこで、今回は9月に使える時候のあいさつや書き出しの文例などを紹介していきます!
いくつか文例をまとめたので、使えそうなものにアレンジを加えていただければ
それとなく9月の季節感も相手に伝わると思います^^

こんな内容を紹介していきます!
  • 9月の時候のあいさつ
  • 日常的に使える自然な書き出し文例
  • 季節感を表した結びの言葉
季節感や風物などを感じられる表現もまとめているので、9月に手紙を書くときの参考に^^

スポンサーリンク

時候のあいさつ

9月に使える心情や季節感を現す言葉

慣れないうちは「○○の候」「○○のみぎり」などの慣用句を使うのが無難です。
季節に応じた表現を選べばOKです!

手紙の基本的な構成は別記事でくわしく解説していますので、
合わせて参考にしていただければと思います^^

手紙の書き方! 4つの構成で基本的なスタイルをマスター!

主な時候のあいさつ
  • 初秋
  • 新秋
  • 新涼
  • 秋涼
  • 白露
  • 爽秋
  • 秋色
  • 野分
  • 秋気
  • 秋晴
  • 清涼
  • 涼風
  • 秋冷
  • 孟秋
  • 「……の候」
  • 「……のみぎり」
  • 「~の折」と使います。

書き出し文例

天候・季節感を主体に!

  • 残暑お見舞い申し上げます。
  • 九月に入っても、夏を思わせるような暑い毎日がつづいております。
  • 暑さが去りやらぬ昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか、お伺い申し上げます。
  • 二百十日もおだやかに過ぎ、秋の気配ただよう今日この頃です。
  • 御地に台風が直撃したようですね。ご被害はありませんでしたか。
  • このたびの台風でご新居が被害に追われたとのこと、心よりお見離い申し上げます。
  • 心配されていた台風の進路も、幸いそれたようで、きょうは久々の青空です。
  • 初秋を迎え、朝夕はだいぶしのぎやすくなってまいりました。
  • 爽秋の候となりましたが、お元気でお過ごしのことと存じます。
  • 残暑も去り、しのぎやすい毎日がつづいております。
  • 長かった酷暑もようやく去り、いくぶんは過ごしやすくなりました。
  • ようやく暑さからも解放され、快適な毎日となりました。
  • 空もようやく秋色を帯びてまいったようでございます。
  • 風の中にも秋の気配を感じる季節となりました。
  • 日ごとに空が青く澄んでくる好季節を迎えました。
  • 朝夕はずいぶんと涼しくなってまいりました。
  • 台風一過のの青空が、きょうはことのほか澄み渡って見えます。
  • 台風も一過、日に日に秋めいてまいります。
  • 高く澄み切った空に、白いいわし雲が泳いでおります。
  • 晴れ渡った空に、うろこ雲が浮かび、清々しさを感じさせてくれます。
  • さわやかな秋晴れが広がる毎日ですが、皆様には秋空同様ご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • すがすがしい秋晴れが続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
  • 肌に触れる秋風が心地よい季節となりました。
  • 涼風が吹き抜ける好季節を迎えました。
  • 木々を渡る涼風に、秋の深まりを感じます。
  • ひと雨ごとに、深まる秋を実感する今日この頃です。
  • 日増しに秋の気配が深まってまいりました。
  • 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、ここ数日の暑さはどうしたことでしょうか。
スポンサーリンク

9月の風物・自然から

  • 長かった夏休みも終わり、きょうからようやく新学期が始まりました。親もほっと。息といったところです。
  • ここ数日は夏休みの宿題のラストスパートに、親子でとりくんでおりました。
  • 二学期も始まり、真っ黒に日焼けした子どもたちが。元気に登校していく姿に、活力をもらったような気がいたしました。
  • お子様たちもお元気に新学期をお迎えになったことと存じます。
  • 子どもの世話に明け暮れた夏休みもようやく終わり、ようやく落ち着いて便箋に向かえる余裕ができました。
  • きょうは、家族で防災訓練に参加してきました。
  • もうすぐ敬老の日ですね。おじいちゃまのおかげんはいかがですか。
  • 試合の後のビールを楽しみに、草野球のチームに入りました。
  • 食欲の秋を迎え、水族館に行っても「あ、おいしそう」とはしたない声を上げてしまった私です。
  • 長かった夏も去り、食欲も戻ってまいりました。
  • 街のショーウインドーは一足早く秋色に染まっています。
  • 窓を開け放しての深呼吸、秋の喜びを感じる一瞬です。
  • 稲穂がたわわに実り、頭を垂れるころとなりました。
  • 田んぼの稲が金色に光り輝く季節を迎えました。
  • コスモスが風にゆれ、秋の風情を感じさせてくれます。
  • 父が丹精している菊のつぼみもふくらんでまいりました。
  • お宅のお庭も秋の花に彩られているころでしょうね。
  • 虫たちの合唱が楽しめる季節となりました。
  • 庭の芝生でバッタを発見、親子で虫取りに夢中になってしまいました。
  • 秋の光を受けて、すすきの初穂が金色に美しく輝いております。
  • 河原のすすきが、秋の訪れを告げるかのように、涼風に揺れております。
  • すすきを飾って、きょうはお月見。子どもとおだんご作りを楽しみました。
  • 遠く離れていて寂しいけれど、見ている月は同じだと思うと、少し落ち着きます。
  • 美しい満月に誘われ、ゆうべは夜の散歩を楽しみました。
  • ことしは大豊作とのニュースに、しばし故郷へ心をあそばせました。
  • 豊かな実りの秋を迎えましたが、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。
  • 秋の夜長、あなたのことですから読書三昧に過ごしていらっしゃるのではと拝察しています。
  • 読書の秋ですね。先日、話題の「○○」を読了しましたが、さすがに評判どおりおもしろかったです。
  • 庭の柿の実も色づき始めました。
  • 先週の日曜日は、秋の草花をめでながらの山歩きを楽しんでまいりました。
  • 脂の乗ったさんまに、秋の幸せを感じるころとなりました。
  • 動物愛護週間というのに、ペット受難のニュースがつづき、心が痛みます。
  • 近所の小学校の校庭に、運動会の練習のかけ声が響く季節となりました。
  • さわやかな秋日和がつづいております。わが家でもお弁当を持って○○公園へ出かけ、ささやかな行楽を楽しみました。
スポンサーリンク

結びの言葉

  • いましばらくは残暑の日々がつづきそうです。お体をくれぐれもおいといください。
  • ことしの残暑はことのほか体にこたえますが、どうぞ御身お大切にお過ごしください。
  • 夏のお疲れが出ませんように、くれぐれもご自愛ください。
  • お体に気をつけて、お元気で秋の好季節をお迎えください。
  • 朝夕はめっきり涼しくなってまいりました。お風邪など召しませぬようご用心ください。
  • 朝晩はずいぶんと冷えるようになりました。どうかお体におさわりのないようご自愛ください。
  • 季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいますようお祈りいたします。
  • さわやかな秋を満喫なさいますよう、お祈りいたしております。
  • 実り多き秋を存分に楽しまれますように。
  • 好季節を迎え、ますますご活躍なさいますことを期待しております。
  • ことしは作物の出来もよろしいようですが、ご家族の秋も実り多きものになりますよう、お祈り申し上げます。
  • 台風被害のご災厄から一日も早く立ち直られることをお祈りいたしております。
  • お彼岸にはお墓参りさせていただきます。
  • 暑さ寒さも彼岸まで、と申します。しのぎやすい秋の到来まで、どうかご体調にご留意くださいますようお祈り申し上げます。
  • 来月は、近代美術館で「○○展」が開催されるそうです。ぜひ、ごいっしょしたいものですね。
  • 行楽シーズン到来ですね。近々、○○公園へでも、ごいっしょいたしましょう。
  • もうすぐ紅葉の季節、観楓会を名日に、一献傾けませんか。

さいごに

4月の時候のあいさつ、季節の挨拶文例のまとめ

9月は「お月見」「食欲の秋」「運動会」「新学期」といったキーワードからイメージを膨らませて、書き出すと季節感が伝わりやすくなると思います。

9月は夏から秋へと季節が移り変わる時期です。
最近は8月とかわらないくらいの暑さがあったりもするので、言葉選びに苦労しますが、秋というテーマでおおよそ問題ないかなと思います。