tanabata-soumen

七夕は短冊に願いを書いて、笹にさげるというのは想像できるのですが
お家ではなにか食べたりするものはあるの?

ふと、素朴な疑問がわいてきたので調べてみました^^

そこで、今回は七夕の日に食べる食べ物について紹介していきます!

由来や意味も合わせて紹介していますので、笹がなくても七夕が楽しめると思います^^

こんな内容を紹介していきます!
  • 七夕に食べる定番の食べ物とは?
  • そうめんを食べる意味とは?
  • 七夕ゼリーとは? ちらし寿司も?
などをまとめているので、七夕を味わっちゃいましょう^^

スポンサーリンク

七夕に食べるものとは?

七夕に食べる定番の食べ物とは?

一般的に七夕は7月7日に行われる日本の行事のひとつです!

七夕をお祝いするにあたってどのような食事や食べ物があるのか気になりますよね^^
昨今で七夕で食べるものの定番が3つほどあるようなので紹介していきます。

七夕の由来については別記事でくわしく解説していますので、
合わせて参考にしていただければと思います^^

七夕の日によく食べるもの
  • そうめん
  • ゼリー
  • ちらし寿司
それぞれの由来や意味について解説していきます^^

七夕の日にそうめんを食べる意味とは?

七夕そうめんの由来と意味とは?

仙台などでは七夕の日にそうめんを食べる習慣が有名ですが
古くは平安時代から奈良時代のはじめごろから七夕ではそうめんのようなものを食べていたそうです。

七夕の日にそうめんを食べる由来や意味について紹介していきます!

七夕の日にそうめんを食べると?
  • 病気にならないと言われている
  • 芸事が上手になると言われている
  • 恋愛が成就すると言われている
それぞれの意味と由来について解説していきます^^
スポンサーリンク

point1

病気にならないと言われている由来とは?

索餅(さくべい)の伝説が由来となっています!どういった伝説かというと

古代中国に「7月7日に死んだ帝の子が霊鬼神となって熱病を流行らせたそうな。
そこで、その子の好物だった索餅を供えて祀るようになったことから、7月7日に索餅を食べると1年間無病息災で過ごせる」という伝説です。

この中国の故事にならって、宮廷での七夕行事に索餅が取り入れられました。
この伝説が由来となり七夕の日にはそうめんを食べることになりました!
「いやっ! ちょっと待て!」 索餅ってなに? そうめんじゃなくない?
索餅とはなにか、そうめんとの関係について紹介します^^

索餅(さくべい)とは?

索餅とは? そうめんとの関係とは?

索餅とは、中国起源の食品で唐と呼ばれていた時代あたりの文献で登場してきます。

諸説はありますが、小麦粉と米粉を水で練り塩を加え縄状にした食品を乾燥させて保存したもの、または油で揚げてから乾燥させたものとされています。

索餅が麺の元祖ではないかとも言われています!
索餅がなければ今のそうめんはおろか、ラーメンも存在しないのです!

では、索餅がなぜ「そうめん」と呼ばれるようになったというと

まず、「索餅(さくべい)」→「索麺(さくめん)」→「素麺(そうめん)」と変化していったようです。

奈良時代から室町時代にかけて手延そうめんの技術が中国から入ってくると
それを「索麺(さくめん)」と呼ぶようになり、漢字のよみが「サウメン」と読めることから転じて「そうめん」とよばれるようになったようです。

室町時代ごろから定着し、江戸時代には私たちが想像するそうめんの形になり七夕にそうめんを供え物とする風習が広まったようです^^

point2

芸事が上手になる?

tanabata-geigoto

機織り上手の織姫にちなみ、この日には手芸や裁縫の上達を願い「そうめん」を糸に見立てた供物としてお供えしをします。

point3

恋愛が成就する?

tanabata-renai

年一度の彦星と織姫のデートにあやかり「恋愛の成就を願い」行事食である「そうめん」を食べるというのが密かに広まっているようです。

七夕ゼリー?

七夕の日にはゼリーを食べるという方も最近では少なくありません。
特別ないわれや七夕との由来はなさそうです^^;

では、なぜ「七夕ゼリー」という言葉が定着しつつあるのか考察していきます!

いつごろから始まったかなどの具体的な時期や地域については確かなデータはありませんが給食や保育園のおやつとして七夕ゼリーというものが現れたことにあるようです。

七夕ゼリーが生まれた背景として給食は季節の行事に合わせた献立をつくりたいというのが始まりのようです。

給食での行事食の例
  • クリスマスはケーキ
  • ひな祭りはひなあられ
  • 節分は恵方巻きや福豆

栄養バランスなどに制限があるため、献立を著しく変更するのは難しいらしく
デザートを工夫するほうが比較的かんたんだったことや
子どもが喜ぶ姿が容易に想像できることからデザートで季節感を出すことが多いようです。

七夕の演出として、星や天の川などの夜空をイメージできるようなゼリーを提供するようになったのではないでしょうか^^

そのため、給食の献立は地域差や年齢差がうまれるので、七夕ゼリーの認知度にも差があるのです!
手軽に作れるスイーツとしてゼリーは人気があるようです。

ちらし寿司

tanabata-tirashi

七夕との由来やいわれはとくにありません。
ひな祭りにちらし寿司を食べるイメージがあるかもですが、
これも七夕同様いわれはないんですよね^^;

「寿司」はことぶきをつかさどると書くように縁起が良くお祝いの席で昔から好まれてきました。

日本の行事にはちらし寿司を食べるというのは、行事そのものに由来があるというよりは
お祝いごとを彩る食べ物のひとつというニュアンスですね^^


スポンサーリンク

さいごに

七夕はクリスマス・バレンタイン・ハロウィンほど積極的に企業の手が加えられていないので
あっという間に過ぎ去ってしまう行事だな~といつも思います。

気づいたら7日が過ぎているんですよね^^;

笹を用意するのも難しかったり、近くにお祭りがなかったりすると七夕を味わえない……。

だからお家でできるそうめんやゼリー、ちらし寿司なんかはちょうどいいですよね^^

星を見ながらそうめんを食べるのもおつですね。

最後まで閲覧いただきありがとうございます! シェアもお願いします^^

コメントを残す