カリフラワーのおすすめ品種! 彩り豊かで冷凍やシチューのお供に万能野菜!

カリフラワーのおすすめ品種とは?

少し寒くなるとなんだか食べたくなるのがカリフラワーではないかなと思います。
温野菜のイメージが強いですが、簡単にゆでてマヨネーズで食べるのがシンプルに美味しいですよね^^

そこで、今回はカリフラワーのおすすめの品種を紹介します!

こんな内容を紹介していきます!
  • 彩り豊かなカリフラワーの品種!
  • 冷凍で便利に使えるカリフラワー!
  • カリフラワーの美味しい食べ方!
などをまとめているので、カリフラワーの美味しさが広がるかも^^

スポンサーリンク



カリフラワーのおすすめ品種!

実は彩り豊かなカリフラワー!

  • 彩り豊かなカリフラワー!
  • 冷凍で便利に使えるカリフラワー!
  • カリフラワーの美味しい食べ方!

彩り豊かなカリフラワー!

定番の白色のカリフラワー

一般的にカリフラワーと言われて連想するのが、白色の品種かなと思います。
やや黄色みがかっているものも多いですが、白色をとくに際立たせた品種も多くあります。

スノードレス、スノークラウン、ホワイトベル、バージンロードなどなどがあり少しメルヘンな感じの名称があります。

カリフラワーをネットで購入するならこちらから>>

オレンジブーケ

ゆでると色味が鮮やかなオレンジ色になるのが特徴です。
カロテンが白色のものと比べると豊富なのも魅力です。

甘みがしっかりとありますが、それでも淡泊なので料理の邪魔にはならないと思います。

オレンジブーケの詳細はこちらから>>

グリーンカリフラワー

緑色ならそれは、ブロッコリーなんじゃないの? と思うところもありますがおそらくブロッコリーと比べると花が咲きづらいといったような違いはあるかなと思います。

味というよりかは、彩りとして白色のカリフラワーと混ぜて使うといった印象があります。

カリフラワー・グリーンマチェラータの詳細はこちらから>>

バイオレットクイン

紫色のカリフラワーもあります。特徴としてはゆでると青色や緑色に変化するところです。
ちょっとした理科の実験感覚でたのしめるカリフラワーですね。

食品に青色が好ましくないということもあり、緑色に変化するものがわりと手に入りやすい気がします。

ドレッシングをかけるとお酢の作用で彩りが変化するのも面白いです。

茹でると鮮やかな緑に変身!バイオレットクインの詳細はこちらから>>

ロマネスコ

サンゴ礁というか、仏像の頭のような見た目が特徴のカリフラワーです。
最近ではスーパーでも比較的購入しやすくなってきました。

なんとなくイタリアンな感じでおしゃれな野菜といったイメージのためか人気が急上昇しています。
すごく美味しい野菜というよりかは食感を楽しむ野菜といった印象です。

埼玉県産ロマネスコの詳細はこちらから>>

カリフローレ

一般的なカリフラワーはつぼみの部分をメインで食べるイメージですが、カリフローレは茎をメインにしたカリフラワーです。

茎の部分が甘みと食感が一般的なカリフラワーとの違いが感じられます。
わりと新しい野菜なのでもしかしたらブームが生まれるかもしれませんね。

カリフローレの詳細はこちらから>>

スポンサーリンク


冷凍で便利に使えるカリフラワー!

一般的な白色のカリフラワーを便利に!

冷凍野菜コーナーにはほぼほぼ置いてあるような気がします。
茹でて温野菜として使ったり、炒め物に入れたりと意外と重宝します。

野菜の高騰はたびたび起こるので冷凍野菜の活用はわりと現実的だと思います。

便利な冷凍カット野菜!の詳細はこちらから>>

見た目に楽しいロマネスコをお手軽に!

スーパーでもわりと購入しやすくなってきたロマネスコですが、価格が安定しないところもあるかと思います。

冷凍であれば時期にも左右されないので安定して利用することができます。
ちょっとしたおもてなしのスープやパスタに彩りや見た目を楽しむのに加えるのに重宝します。

ロマネスコカリフラワー 便利な冷凍カット野菜!の詳細はこちらから>>


カリフラワーの美味しい食べ方!

ピクルス

カリフラワーは淡泊な味わいなので、調味料や香辛料を加えると美味しさに広がりがうまれやすいです。

とくにカリフラワーをピクルスにするのはわりと珍しいので、新たな食の発見があるかなと思います。

金沢のピクルス・カリフラワーとカレー の詳細はこちらから>>

シチューのお供に!

カリフラワーは温野菜の定番といってもいい野菜のひとつだと思います。
市販されているシチューにカリフラワーをちょっと添えるだけで味と食感に変化を加えることができます。

なんとなくホワイトシチューにはブロッコリー、ブラウンシチューにはカリフラワーといったイメージがある方も多いのでは?

最高級黒毛和牛のスネ煮込みシチュの詳細はこちらから>>

アヒージョ

いつのまにかアヒージョも料理として定着したイメージがありますよね。
オイルと香辛料の香りをより楽しむのにカリフラワーがおすすめです。

メインにはならないかもしれませんが、あるとなるほどと思います。

【新品】【本】小鍋でいろいろアヒージョ hot & delicious! 田村つぼみ/著 の詳細はこちら>>

さいごに

個人的にはカリフラワーはなんとなく食べたくなるくらいの野菜ですが、あるとうれしい野菜でもあります。

虫やほこりが気になるから食べない方も多いようですが下処理をしっかりと行えばそういった悩みもなく美味しく食べられると思います。

寒くなってきたこの季節に、シチューやポトフの引き立て役にカリフラワーが楽しめそうです。



10月・秋の時候のあいさつ、季節の挨拶文例! 80個の書き出し、結びの言葉まとめ!

10月は紅葉の美しい季節です。秋真っ盛りといった印象があります。
旅行のお誘いやお礼の手紙など手紙を書く機会が増えます。
手紙を書くシーズンとも言えますね。
10月ならではの季節感をあらわした手紙を送りたいものです。
手紙は書き慣れていないと、なかなか書き進められないので面倒に感じてしまいます。
気持ちがあるぶんもったいないです^^:

そこで、今回は10月に使える時候のあいさつや書き出しの文例などを紹介していきます!
いくつか文例をまとめたので、使えそうなものにアレンジを加えていただければ
それとなく10月の季節感も相手に伝わると思います^^

こんな内容を紹介していきます!
  • 10月の時候のあいさつ
  • 日常的に使える自然な書き出し文例
  • 季節感を表した結びの言葉
季節感や風物などを感じられる表現もまとめているので、10月に手紙を書くときの参考に^^

スポンサーリンク



時候のあいさつ

10月に使える心情や季節感を現す言葉

慣れないうちは「○○の候」「○○のみぎり」などの慣用句を使うのが無難です。
季節に応じた表現を選べばOKです!
手紙の基本的な構成は別記事でくわしく解説していますので、
合わせて参考にしていただければと思います^^

手紙の書き方! 4つの構成で基本的なスタイルをマスター!

主な時候のあいさつ
  • 仲秋
  • 爽涼
  • 夜長
  • 秋雨
  • 秋麗
  • 菊香
  • 清秋
  • 秋天
  • 紅葉
  • 錦秋
  • 錦繍
  • 初霜
  • 寒露
  • 霜降
  • 「……の候」
  • 「……のみぎり」
  • 「~の折」と使います。
スポンサーリンク


書き出し文例

天候・季節感を主体に!

  • 秋晴れの爽やかな日がつづいておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。
  • すがすがしい好天がつづき、おすこやかに毎日をお過ごしのこととお伺い申し上げます。
  • 澄み渡る空気が心地よく感じられる今日この頃でございます。
  • 気持ちのいい秋風が吹き渡るころとなりました。
  • うららかな小春日和がつづいております。
  • 朝夕はめっきり冷え込むようになりました。お体の調子はいかがですか。
  • 秋気が肌にしみる季節となりましたが、おすこやかにお過ごしでしょうか。
  • 秋冷が爽快に感じられる、いい季節を迎えました。お元気にご活躍のことでしょう。
  • 秋たけなわの好季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 秋空が高く澄み渡り、さわやかな気分を満喫する日々です。
  • 夜空に月の姿が冴え渡るころとなり、秋たけなわを実感いたします。(※修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。)
  • 月影さやかに、凛とした美しさを見せる秋の夜に、一筆申し上げます。
  • 紅葉の便りが聞かれるころとなりました。
  • 菊が薫り戻つ季節を迎えました。
  • 秋も深まってまいりましたが、皆様お変わりなくお元気にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 野山が秋の色に染まり始め、日々その色合いを濃くしていきます。
  • 木々の葉も鮮やかに色づき始めました。
  • 窓から見えるOO山が紅葉に染まって、息を呑むような美しさです。
  • 錦繍の名にふさわしい、美しい紅葉が楽しめるころとなりました。
  • 遠くに望む山々が錦繍に彩られる季節となりました。
  • 秋の気配が色濃くなってまいりました。
  • 紅葉真っ盛りとなり、野山はすっかり秋の色に覆われています。
  • すすきの穂の輝きが、黄金色から白く変わるころとなりました。
  • 銀杏の葉が金色に染まり、秋もいまいよ暮れようとしています。
  • 冷たい秋風が心にもしみわたる、しみじみとした季節を迎えました。
  • 静かに更けゆく秋の夜長を、いかがお過ごしでしょうか。
  • 秋の日はつるべ落としと申しますが、ほんとうに急に日足が短くなった昨今です。
  • 落ち葉がはらはらと冷たい風に舞う季節となりました。
  • 秋も深まり、街路樹の落ち葉が散り始めております。
スポンサーリンク


10月の風物・自然から

  • 街行く人々の胸に、赤い羽根が揺れる季節となりました。
  • 虫の音に、秋の深まりを感じるこのごろです。
  • かそけき虫の音に、そこはかとない寂しさを感じる秋の夜長です。
  • 柿の実が日に日にその赤さを増していくこのごろでございます。
  • 錦秋の候となりましたが、御地の紅葉もいまが見ごろでしょうか。
  • 秋たけなわとなり、明日は子どもの運動会です。
  • 近くの小学校で開かれている運動会の歓声が、わが家にも届いてきます。
  • 秋祭りたけなわの昨今、御地の○○祭も大勢の人でにぎわったのでしょうね。
  • 異国情緒あふれる、長崎おくんちの様子をテレビで見ていたら、旅に出かけたくなりました。
  • 新米のモチモチとした味わいを堪能できる季節になりました。
  • 米袋に貼られた「新米」のシールに、思わずにっこり、自然の恵みに感謝したい気持ちでいっぱいになりました。
  • 故郷から届く宅配便には、香り豊かな秋の実りがいっぱいに詰め込まれていました。
  • 実りの秋を迎え、収穫にお忙しい日々をお過ごしのことと存じます。
  • 秋空に冴え渡る月をめでながらの新酒、つい杯が進んでしまいます。
  • 実りの秋、そして食欲の秋となりました。お料理上手のあなたのことですから、秋の味覚で食卓を彩っていらっしゃることでしょう。
  • 自然の恵みを食卓で満喫する幸せは、何物にも代えがたい、秋の喜びです。
  • 行楽シーズン真っ盛りですが、ご家族で楽しい休日をお過ごしのことと存じます。
  • スポーツの秋、青空のもと、健康づくりにお励みのことと存じます。
  • きょうは体育の日、久々に気持ちのいい汗を流しましたが、明日の筋肉痛が少し心配です。
  • スポーツの秋と意気込んでジョギングを始めましたが、体力の衰えを実感し、複雑な思いです。
  • 菊化展ももうすぐですね。ご丹精なさっている鉢の様子はいかがでしょうか。
  • 紅葉を求めて、きょうは○○山を歩いてまいりました。
  • 散歩の足がつい延びる、うららかな秋晴れの日がつづいております。
  • 道を歩いていると、甘いきんもくせいの香りが漂ってきて、思わず足をとめました。
  • セーターやコートの恋しい季節となりました。
  • ここ教日はめっきり冷え込んで、スーパーでもおでんや鍋物の材料に目が行きます。
  • あつあつのココアがことのほかおいしく感じられる秋冷の候となりました。
  • 秋冷厳しく物憂い気分なので、コートを新調して気分を盛り立ててみました。
  • 静かな秋の夜は、なんとなく人恋しい気分になるものですね。
  • 昨日、作品展を拝見いたしました。芸術の秋にふさわしい大作、ほんとうにお見事でございました。
  • 菊薫る好季節に、お嬢様の晴れの門出、まことにおめでとうございます。
  • 錦繍の祝福を受けながらのご子息様のご結婚を、心よりお祝い申し上げます。
  • 当地では、一ヵ月繰り上げて七五三を行うため、この日曜日、神宮はお参りの家族巡れで大賑わいでした。
  • ペナントレースも終盤に入り、優勝の行方が気がかりな毎日を送っています。
  • 混沌とした優勝争い、さぞやきもきしながらご観戦のことと拝察いたしております。
  • 同い年の○○選手の活躍ぶりを見ていると、私もがんばらなくてはと奮い立つ気持ちになります。
スポンサーリンク


結びの言葉

  • 紅葉に彩られる好季節を、どうかおすこやかにお過ごしくださいますように。
  • 実りの秋を満喫してどうぞお元気にお過ごしください。
  • 朝晩はめっきり冷え込むようになりました。お風邪などお召しになりませんように、くれぐれもご自愛ください。
  • 秋冷の加わる折から、お体にはくれぐれもお気をつけくださいますよう。
  • 日増しに肌寒くなってまいる時期です。お体をたいせつになさってくださいね。
  • 気候不順の折から、お体に気をつけて、ご壮健にお過ごしください。
  • お互い、健康に留意して、秋を存分に楽しみましょう。
  • 秋の夜長とはいえ、睡眠は十分におとりになって、おすこやかにお過ごしください。
  • 読書にスポーツにと、実り多い秋をお過ごしくださいますよう。
  • 味覚の秋ですが、お互い体重管理と健康管理には十二分に注意いたしましょう。
  • ミステリーを耽読する秋の夜長と拝察いたしますが、寝不足にはくれぐれもご留意ください。
  • 灯火親しむの候、お勧めの本があったら、ぜひ教えてください。
  • 美しい紅葉に彩られての晴れの門出を心よりお祝い申し上げます。末永くお幸せに。
  • たわわな秋の実りのような、充実した家庭をお築きになられますよう、お折りいたしまして、まずはお祝いを申し上げます。
  • ○○山の紅葉は、来週あたりが最盛期のようです。よろしければ、ごいっしょしませんか。
  • 近々、お花見ならぬ「お葉見」に出かけませんか。
  • まもなく当地も紅葉の盛りを迎えます。ご家族でぜひお出向きくださいませ。
  • とっておきの新酒が手に入りました。近いうちにお立ち寄りください。
  • 熱燗の恋しい季節となり、たまにはしみじみと酒を飲んで語り合いたい気分です。ご都合をお知らせください。

さいごに

10月は「運動会」「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」「食欲の秋」といったキーワードからイメージを膨らませて、書き出すと季節感が伝わりやすくなると思います。

10月は秋を連想させるような言い回しがおすすめです。
最近はハロウィンも人気のイベントになっているので、取り入れてみると面白いかもしれません。



9月・秋の時候のあいさつ、季節の挨拶文例! 80個の書き出し、結びの言葉まとめ!

9月は夏から秋へと移り変わる季節です。
行楽シーズンだったり、夏休みのお礼や報告など手紙を書く機会が増えます。
手紙を書くシーズンとも言えますね。
9月ならではの季節感をあらわした手紙を送りたいものです。
手紙は書き慣れていないと、なかなか書き進められないので面倒に感じてしまいます。
気持ちがあるぶんもったいないです^^:

そこで、今回は9月に使える時候のあいさつや書き出しの文例などを紹介していきます!
いくつか文例をまとめたので、使えそうなものにアレンジを加えていただければ
それとなく9月の季節感も相手に伝わると思います^^

こんな内容を紹介していきます!
  • 9月の時候のあいさつ
  • 日常的に使える自然な書き出し文例
  • 季節感を表した結びの言葉
季節感や風物などを感じられる表現もまとめているので、9月に手紙を書くときの参考に^^

スポンサーリンク



時候のあいさつ

9月に使える心情や季節感を現す言葉

慣れないうちは「○○の候」「○○のみぎり」などの慣用句を使うのが無難です。
季節に応じた表現を選べばOKです!
手紙の基本的な構成は別記事でくわしく解説していますので、
合わせて参考にしていただければと思います^^

手紙の書き方! 4つの構成で基本的なスタイルをマスター!

主な時候のあいさつ
  • 初秋
  • 新秋
  • 新涼
  • 秋涼
  • 白露
  • 爽秋
  • 秋色
  • 野分
  • 秋気
  • 秋晴
  • 清涼
  • 涼風
  • 秋冷
  • 孟秋
  • 「……の候」
  • 「……のみぎり」
  • 「~の折」と使います。
スポンサーリンク


書き出し文例

天候・季節感を主体に!

  • 残暑お見舞い申し上げます。
  • 九月に入っても、夏を思わせるような暑い毎日がつづいております。
  • 暑さが去りやらぬ昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか、お伺い申し上げます。
  • 二百十日もおだやかに過ぎ、秋の気配ただよう今日この頃です。
  • 御地に台風が直撃したようですね。ご被害はありませんでしたか。
  • このたびの台風でご新居が被害に追われたとのこと、心よりお見離い申し上げます。
  • 心配されていた台風の進路も、幸いそれたようで、きょうは久々の青空です。
  • 初秋を迎え、朝夕はだいぶしのぎやすくなってまいりました。
  • 爽秋の候となりましたが、お元気でお過ごしのことと存じます。
  • 残暑も去り、しのぎやすい毎日がつづいております。
  • 長かった酷暑もようやく去り、いくぶんは過ごしやすくなりました。
  • ようやく暑さからも解放され、快適な毎日となりました。
  • 空もようやく秋色を帯びてまいったようでございます。
  • 風の中にも秋の気配を感じる季節となりました。
  • 日ごとに空が青く澄んでくる好季節を迎えました。
  • 朝夕はずいぶんと涼しくなってまいりました。
  • 台風一過のの青空が、きょうはことのほか澄み渡って見えます。
  • 台風も一過、日に日に秋めいてまいります。
  • 高く澄み切った空に、白いいわし雲が泳いでおります。
  • 晴れ渡った空に、うろこ雲が浮かび、清々しさを感じさせてくれます。
  • さわやかな秋晴れが広がる毎日ですが、皆様には秋空同様ご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • すがすがしい秋晴れが続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
  • 肌に触れる秋風が心地よい季節となりました。
  • 涼風が吹き抜ける好季節を迎えました。
  • 木々を渡る涼風に、秋の深まりを感じます。
  • ひと雨ごとに、深まる秋を実感する今日この頃です。
  • 日増しに秋の気配が深まってまいりました。
  • 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、ここ数日の暑さはどうしたことでしょうか。
スポンサーリンク


9月の風物・自然から

  • 長かった夏休みも終わり、きょうからようやく新学期が始まりました。親もほっと。息といったところです。
  • ここ数日は夏休みの宿題のラストスパートに、親子でとりくんでおりました。
  • 二学期も始まり、真っ黒に日焼けした子どもたちが。元気に登校していく姿に、活力をもらったような気がいたしました。
  • お子様たちもお元気に新学期をお迎えになったことと存じます。
  • 子どもの世話に明け暮れた夏休みもようやく終わり、ようやく落ち着いて便箋に向かえる余裕ができました。
  • きょうは、家族で防災訓練に参加してきました。
  • もうすぐ敬老の日ですね。おじいちゃまのおかげんはいかがですか。
  • 試合の後のビールを楽しみに、草野球のチームに入りました。
  • 食欲の秋を迎え、水族館に行っても「あ、おいしそう」とはしたない声を上げてしまった私です。
  • 長かった夏も去り、食欲も戻ってまいりました。
  • 街のショーウインドーは一足早く秋色に染まっています。
  • 窓を開け放しての深呼吸、秋の喜びを感じる一瞬です。
  • 稲穂がたわわに実り、頭を垂れるころとなりました。
  • 田んぼの稲が金色に光り輝く季節を迎えました。
  • コスモスが風にゆれ、秋の風情を感じさせてくれます。
  • 父が丹精している菊のつぼみもふくらんでまいりました。
  • お宅のお庭も秋の花に彩られているころでしょうね。
  • 虫たちの合唱が楽しめる季節となりました。
  • 庭の芝生でバッタを発見、親子で虫取りに夢中になってしまいました。
  • 秋の光を受けて、すすきの初穂が金色に美しく輝いております。
  • 河原のすすきが、秋の訪れを告げるかのように、涼風に揺れております。
  • すすきを飾って、きょうはお月見。子どもとおだんご作りを楽しみました。
  • 遠く離れていて寂しいけれど、見ている月は同じだと思うと、少し落ち着きます。
  • 美しい満月に誘われ、ゆうべは夜の散歩を楽しみました。
  • ことしは大豊作とのニュースに、しばし故郷へ心をあそばせました。
  • 豊かな実りの秋を迎えましたが、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。
  • 秋の夜長、あなたのことですから読書三昧に過ごしていらっしゃるのではと拝察しています。
  • 読書の秋ですね。先日、話題の「○○」を読了しましたが、さすがに評判どおりおもしろかったです。
  • 庭の柿の実も色づき始めました。
  • 先週の日曜日は、秋の草花をめでながらの山歩きを楽しんでまいりました。
  • 脂の乗ったさんまに、秋の幸せを感じるころとなりました。
  • 動物愛護週間というのに、ペット受難のニュースがつづき、心が痛みます。
  • 近所の小学校の校庭に、運動会の練習のかけ声が響く季節となりました。
  • さわやかな秋日和がつづいております。わが家でもお弁当を持って○○公園へ出かけ、ささやかな行楽を楽しみました。
スポンサーリンク


結びの言葉

  • いましばらくは残暑の日々がつづきそうです。お体をくれぐれもおいといください。
  • ことしの残暑はことのほか体にこたえますが、どうぞ御身お大切にお過ごしください。
  • 夏のお疲れが出ませんように、くれぐれもご自愛ください。
  • お体に気をつけて、お元気で秋の好季節をお迎えください。
  • 朝夕はめっきり涼しくなってまいりました。お風邪など召しませぬようご用心ください。
  • 朝晩はずいぶんと冷えるようになりました。どうかお体におさわりのないようご自愛ください。
  • 季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいますようお祈りいたします。
  • さわやかな秋を満喫なさいますよう、お祈りいたしております。
  • 実り多き秋を存分に楽しまれますように。
  • 好季節を迎え、ますますご活躍なさいますことを期待しております。
  • ことしは作物の出来もよろしいようですが、ご家族の秋も実り多きものになりますよう、お祈り申し上げます。
  • 台風被害のご災厄から一日も早く立ち直られることをお祈りいたしております。
  • お彼岸にはお墓参りさせていただきます。
  • 暑さ寒さも彼岸まで、と申します。しのぎやすい秋の到来まで、どうかご体調にご留意くださいますようお祈り申し上げます。
  • 来月は、近代美術館で「○○展」が開催されるそうです。ぜひ、ごいっしょしたいものですね。
  • 行楽シーズン到来ですね。近々、○○公園へでも、ごいっしょいたしましょう。
  • もうすぐ紅葉の季節、観楓会を名日に、一献傾けませんか。

さいごに

9月は「お月見」「食欲の秋」「運動会」「新学期」といったキーワードからイメージを膨らませて、書き出すと季節感が伝わりやすくなると思います。

9月は夏から秋へと季節が移り変わる時期です。
最近は8月とかわらないくらいの暑さがあったりもするので、言葉選びに苦労しますが、秋というテーマでおおよそ問題ないかなと思います。



8月・夏の時候のあいさつ、季節の挨拶文例! 80個の書き出し、結びの言葉まとめ!

8月は夏休みやお盆で帰省の際のお知らせや、暑中お見舞いなど手紙を書く機会が増えます。
手紙を書くシーズンとも言えますね。
8月ならではの季節感をあらわした手紙を送りたいものです。
手紙は書き慣れていないと、なかなか書き進められないので面倒に感じてしまいます。
気持ちがあるぶんもったいないです^^:

そこで、今回は8月に使える時候のあいさつや書き出しの文例などを紹介していきます!
いくつか文例をまとめたので、使えそうなものにアレンジを加えていただければ
それとなく8月の季節感も相手に伝わると思います^^

こんな内容を紹介していきます!
  • 8月の時候のあいさつ
  • 日常的に使える自然な書き出し文例
  • 季節感を表した結びの言葉
季節感や風物などを感じられる表現もまとめているので、8月に手紙を書くときの参考に^^

スポンサーリンク



時候のあいさつ

8月に使える心情や季節感を現す言葉

慣れないうちは「○○の候」「○○のみぎり」などの慣用句を使うのが無難です。
季節に応じた表現を選べばOKです!
手紙の基本的な構成は別記事でくわしく解説していますので、
合わせて参考にしていただければと思います^^

手紙の書き方! 4つの構成で基本的なスタイルをマスター!

主な時候のあいさつ
  • 晩夏
  • 残夏
  • 季夏
  • 避暑
  • 納涼
  • 残炎
  • 暮夏
  • 残暑
  • 秋暑
  • 早涼
  • 秋炎
  • 向秋
  • 「……の候」
  • 「……のみぎり」
  • 「~の折」と使います。

書き出し文例

天候・季節感を主体に!

  • 炎暑お見舞い申し上げます。
  • 酷暑の毎日がつづきますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 猛暑のみぎりでございますが、皆様にはつつがなくお過ごしのことと存じます。
  • うだるような暑さがつづいておりますが、夏バテなどなさってはいらっしゃいませんでしょうか。
  • この夏、御地は記録的な暑さとのこと、お見舞い申し上げます。
  • 夏を通しての暑さが身にこたえる時期となりました。
  • 熱帯夜がつづいておりますが、昨晩はぐっすりお休みになれましたでしょうか。
  • 夏バテもせず、ご壮健にご活躍のことと存じます。
  • 夏枯れとは無縁に、ご盛業のご様子、何よりのこととお喜び申し上げます。
  • 暑さますます厳しき折から、お変わりなくお過ごしでしょうか。お伺い申し上げます。
  • 「立秋」の文字が恨めしい猛暑がつづきますが、お体の調子はいかがでしょうか。
  • 残暑お見舞い申し上げます。
  • 残暑厳しき折ではございますが、ご健勝におしのぎのこととお喜び申し上げます。


  • 暦の上では秋だというのに、耐えがたい残暑がつづいております。
  • 立秋とはいえ、暑さまだまだ食えないようですが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 土用明けの暑気がひとしおに感じられます昨今ですが、お体におさわりはございませんか。
  • 夕涼みにほっと一息つく、晩夏のきょうこのごろです。
  • ゆうべの慈雨で、いくぶん暑さも落ち着いてきたような気がいたします。
  • 猛暑も峠を越したようで、だいぶ過ごしやすくなりましたね。
  • 朝夕はいくぶん過ごしやすくなってきたような気がいたしますが、御地はいかがでしょうか。
  • そよめく風の中にも、秋の気配が感じられるころとなりました。
  • 夜間は風が通るようになり、寝苦しさからもようやく解放されました。
  • あんなに厳しかった夏も過ぎ、台風のニュースが聞こえるころとなりました。
スポンサーリンク


8月の風物・自然から

  • この夏はご帰省なさるのでしょうか。
  • お盆の帰省の準備は進んでいますか。
  • 盆太鼓の練習が聞こえてくる時期になりました。
  • 帰省ラッシュのニュースに、同情半分恨めしさ半分の仕事漬けの毎日を過ごしています。
  • 帰省客で、当地はいつもよりにぎやかです。
  • 帰省が始まり、山手線のラッシュも幾分緩和されたような気がする昨今です。
  • お盆には、久しぶりに息子一家が帰省する予定、にぎやかな夏休みになりそうです。
  • ご親戚の方が大勢集まって、にぎやかなお盆をお過ごしのころと拝察いたします。
  • 夏休みが待ち遠しい時期となりました。
  • ご一家で夏を満喫していらっしゃるころでしょうか。
  • 海へ山へと、アウトドアライフを楽しんでいらっしゃるご様子が日に浮かびます。
  • 子どもが夏休みに入ったものの、毎朝、部活のためのお弁当作りに、ユニフォームの洗濯、いつもの数倍忙しく過ごしています。
  • リトルリーグに入った息子の送迎と応援で、親子とも真っ黒に日焼けしてしまいました。「シミ」が夏の置き土産にならないよう、遅ればせながら肌の手人れにいそしんでいます。


  • 夏の高校野球、公立校の初出場で、当地は盛り上がっています。
  • 母校が甲子園で初勝利、校歌を口ずさみ、こみ上げるものを抑え切れませんでした。
  • 高校球児たちの熱い夏もとうとう終わりましたね。
  • 先日は、浴衣姿で花火見物。こんな夏の風情を楽しめるのもあとわずかになりました。
  • 夏を惜しんで海へ出かけてきました。
  • 東北出身の夫の祭り自慢を連日聞かされる季節がやってきました。
  • 雄大な大文字焼ですが、夏に別れを告げるための空への合図のように思われることがあります。
  • 蝉しぐれを耳にしながらの昼寝、至福のひとときです。
  • 炎天下、けなげに咲いている夏の花に、元気をもらったような気になりました。
  • 子どもは「また?」と顔をしかめますが、冷たいつるつる麺が私にとっては夏いちばんのごちそうです。
  • お盆が終わると、とたんに秋の気配が忍び寄ってくるような気がいたします。
  • この夏は久々に帰省し、両親に孫の成長を喜んでもらいました。
  • 夏休みはいかがお過ごしになりましたか。当方は、家族で小旅行。子どもが大きくなり、家族旅行を楽しめるのもあとわずかと思うと一抹の寂しさがあります。


  • 孫は来てよし、帰ってよしなどと申しますが、久々の子ども相手で正直疲れました。
  • お子様たちも帰郷なさって、楽しい夏をお過ごしのことでしょう。
  • 子どもの夏休みも終盤、そろそろ親が宿題の助っ人に登場しなければなりません。
  • 昔の子どもをあんなに悩ませた毎日のお天気調べも、パソコンの時代になって、画期的に楽になったようです。
  • 夏のお疲れが出てくるころかと案じております。お体におさわりはありませんか。
  • 夏休みには、ご家族の楽しい思い出をたくさんお作りになったことでしょう。
  • 充実した夏休みをお過ごしのことと存じます。
  • 夏休みもそろそろ終盤、宿題の進み具合はいかがでしょうか。
  • 夏を惜しむかのようなひぐらしの鳴き声が聞こえてまいります。
  • 海に土用波が立つようになりました。もう、夏もおしまいですね。
  • 夏のバーゲン、今年の成果はいかがでしたか。
  • あんなにうるさく感じていた蝉しぐれを、懐かしく思う、初秋の一日です。
  • 早く過ぎ去ってほしいと願っていた猛暑ですが、秋風が立つと、勝手なもので少しの寂しさを感じるものです。
  • 今年も「夏痩せ」とは無縁のままに秋を迎えることになりそうです。
スポンサーリンク


結びの言葉

  • 残暑厳しき折から、ご健康にはくれぐれもご注意くださいますようお願いいたします。
  • しばらくは酷暑がつづきそうとの予報でございます、お体をおいといください。
  • まだまだ猛暑がつづきますが、くれぐれもご健康にお気をつけください。
  • 残暑に負けず、充実した夏休みをお過ごしください。
  • 今年の残暑はとみに厳しいようです。くれぐれもご自愛専一にと願いあげます。今夏のお疲れが出ませんよう、お体をたいせつになさってください。
  • 猛暑のお疲れが出るころです。くれぐれも油断なさいませんように。
  • 夏の疲れがボディブローのように効いてくるころです。お互い無理せずに、残暑を乗り切りましょう。
  • 夏休みの間にたまった仕事の片付けにお忙しい時期と拝察しておりますが、お体にはくれぐれもお気をつけください。
  • お互い、夏バテに気をつけましょう。


  • これから徐々にしのぎやすくなってくるはず、お互い、もうひとがんばりですね。
  • 秋の到来を心待ちに、まずは残暑のお伺いまで申し上げました。
  • 朝晩は涼しくなってまいりました。お風邪など召しませぬようご自愛ください。
  • こんどお目にかかった折には、楽しい夏の思い出話をお聞かせください。
  • 夏の間はご帰省なさった方のおもてなしにお忙しかったことでしょう、お疲れが出るころですから、くれぐれも御身おたいせつになさってください。
  • 夏のバカンスのおみやげ話をたのしみにしております。
  • ご旅行の写真ができたら、ぜひ拝見させてくださいね。
  • 子どもたちの夏休みが終わりましたら、ゆっくりランチでも楽しみましょうをもうすぐ二学期ですね。一年でいちばん長い学期が、充実したものになりますように。

さいごに

8月は「夏休み」「お盆」「花火大会」「夏祭り」「高校野球」といったキーワードからイメージを膨らませて、書き出すと季節感が伝わりやすくなると思います。

夏の暑さをねぎらうもよし、楽しむのもよしです。



赤川花火大会 2017 穴場スポット3ヶ所を厳選! 混雑対策もバッチリ!

開催日時 2017年8月19日(土) 19:15~21:00(予定)
打ち上げ場所 赤川河畔(羽黒橋~三川橋)
最寄り駅 JR鶴岡駅から徒歩30分 ( 経路検索
雨天時 荒天時は延期 予定 ( 天気を確認する

「日本の花火100選」でベスト10入りし、全国の花火大会の中でも屈指と評価されている花火大会。

全国各地で活躍中の選ばれた花火師たちが技を競い合います。
臨場感と迫力のある花火で圧倒されます。

そこで、今回は赤川花火大会の詳細と穴場スポットを紹介します!
こんな内容を紹介していきます!
  • 赤川花火大会の基本情報!
  • 赤川花火大会の穴場スポット!
  • 赤川花火大会の混雑対策!
などをまとめているので赤川花火大会がもっと楽しめるかも^^

スポンサーリンク



赤川花火大会の基本情報!

花火打ち上げ数 約1万2000発
昨年の人手 約30万人
有料席 あり
交通規制 あり
HP 公式ホームページはこちら
お問い合わせ先 0235-64-0701 赤川花火情報ガイダンスダイヤル

 有料席について

例年、特別観覧席が設けられています。

  • 特別観覧席SA席(6名・マス席)23000円
  • SB席(6名・レジャーシート席)15000円
  • SC(スーパーカップル)席(2名・テーブル付イス席)12000円
  • A席(6名・マス席)17000円
  • B席(6名・レジャーシート席)11000円
  • C(カップル)席(2名・イス席)10000円
  • F席(4名・レジャーシート席)6000円
  • P4席(4名・パイプイス席)11000円
  • P2席(2名・パイプイス席)7000円
  • P1席(1名・パイプイス席)3500円※一般販売は7月1日12:00~

詳細はこちらからご確認ください>>


赤川花火大会の穴場スポット!

point1

三川橋近辺

Googleマップで穴場を確認する

比較的混雑していないので場所取りがしやすいです。
視界が開けているので見応えのある花火が楽しめます。

point2

鶴岡東公園

Googleマップで穴場を確認する

敷地が広くゆったりと花火を見ることができます。
赤川の河川敷が混雑しているようであればこちらに流れてくるのがおすすめです。

point3

鶴岡市立朝陽第五小学校グラウンド

Googleマップで穴場を確認する

例年、グラウンドが開放されます。
花火の打ち上げ場所の正面に位置するので花火がキレイに見えます。

地元の方向けに開放されていることもあり、あまり混雑していない印象です。
ゆっくりと花火を楽しみたい方におすすめのスポットです。

スポンサーリンク


赤川花火大会の混雑対策!

終電時間

終電時間の確認はこちらから

電車の混雑状況 混雑予報を確認する
周辺の駐車場 1000台有料

昼頃から徐々に来場者が増え、17時頃には混雑していきます。
なので、少し早めに現地入りするのがおすすめです。

花火の打ち上げ終了後は、鶴岡駅に混雑が集中します。
ゆっくり徒歩で駅まで向かったり、周辺でじかんをずらすなどの混雑対策がおすすめです。

さいごに

他の花火大会では見たことのないような花火が次々と打ち上がり、見ごたえがあります。

公式グッズのあかがわはなぶぅが以外に人気があったりします。