とうもろこしの品種 おすすめ一覧! 生で食べられる甘い幻の美味しさがっ!

とうもろこしのおすすめの品種とは?

夏の終わりが近づくと、無性に食べたくなるとうもろこし。
スーパーで買うのもいいけど、ちょっと挑戦して、いつもより美味しいものを食べてみたい!

そこで、今回はとうもろこしのおすすめの品種を紹介します!

こんな内容を紹介していきます!
  • 甘くて黄色が眩しい品種!
  • 幻の白いとうもろこし!
  • 彩り豊かなとうもろこしの品種!
などをまとめているので、とうもろこしの美味しさが広がるかも^^

スポンサーリンク



とうもろこしのおすすめ品種!

とうもろこし 種類別!

  • 甘くて黄色が眩しい品種!
  • 幻の白いとうもろこし!
  • 彩り豊かなとうもろこしの品種!

甘くて黄色が眩しい品種!

ゴールドラッシュ

皮がとても柔らかく、甘みの強い品種です。
鮮度が良いものは、生で食べることができます。

火を通せば、金貨のような輝きが!

北海道産とうもろこし ゴールドラッシュの詳細はこちら>>

味来

1990年代から出回った生食可能な品種の先駆けの品種。

食べた瞬間に香り豊かな甘味が広がり、どちらかと言うと甘さはさっぱりとした感じです。
大きさは気持ち小ぶりなものが多いです。

北海道産とうもろこし 味来の詳細はこちら>>

恵味

皮が柔らかく、葉に挟まりにくく食べやすい品種。
糖度が18度前後と抜群の甘さがあります。
生でも食べることができます。

少し日が経っても甘みが落ちにくいです。
やや値段がお高め。

北海道産とうもろこし 恵味の詳細はこちら>>

嶽きみ(だけきみ)

糖度が15~20度前後と非常に高糖度の品種。
独特の深い果実のコクがあり後味がすっきりとしているので、甘だるくありません。

いくらでも食べられそうそうなやさしい味わいです、

青森県とうもろこし 嶽きみの詳細はこちら>>

ピクニックコーン

1本の大きさは12~15cmほどと小さいです。
しかしこの小ささが、とうもろこしの甘みを凝縮して
平均糖度18度と飛び抜けた甘さがあります。

また、冷やすと甘くなり、甘みの持続性にも優れています。
生で食べることもできます。

北海道産とうもろこし ピクニックコーンの詳細はこちら>>

ミエルコーン

ミエルとはフランス語で、はちみつのような甘さという意味です。
糖度は17~18度。生でも美味しく食べられます。

シャッキとした食感とジューシーな甘みが特徴です。

北海道産とうもろこし ミエルコーンの詳細はこちら>>

サニーショコラ

甘さ、粒皮の柔らかさを追究して生まれたのが、甘く食味の良い品種です。
フルーツ系と呼ばれるフルーツコーンの中でもすっきりとした甘み、柔らかさなど近年人気のあるとうもろこしの特徴をよく感じる品種です。

北海道産とうもろこし サニーショコラの詳細はこちら>>

スポンサーリンク


幻の白いとうもろこし!

ピュアホワイト

栽培に大変な手間がかかるため、なかなか栽培面積が増えず「幻」と言われる品種。
生で食べられてフルーツのように甘くてジューシーなのが特徴です。

糖度が16~18度と高く、クリーミーな甘さは他のとうもろこしと質が違います。
見た目も美しいため、ギフトに人気があります。

北海道産とうもろこし ピュアホワイトの詳細はこちら>>

雪の妖精

真珠のような美しさ。溢れ出る甘い果汁に感動します。
大ぶりな実と柔らかい粒皮、抜群に甘い果汁が特徴です。
生でも食べられます。

白いとうもろこしの決定版とも言われる完成度。

北海道産 とうもろこし 雪の妖精の詳細はこちら>>

ロイシーコーン

美しい城郷美味しさが特徴の品種。
野菜とは思えない独特のミルキー風味・甘さ・ジューシーさで、まるで絶品スイーツのような美味しさと、真珠のような白さで魅了してくれます。

生でも美味しく食べれます。

北海道産とうもろこし ロイシーコーンの詳細はこちら>>


彩り豊かなとうもろこしの品種!

甘々娘

鮮やかな黄色に乳白色の粒が混ざる「バイカラーコーン」と言われる品種。
冷やしても温めても甘さを感じる話題の品種です。

時間経過による糖度の低下がしにくいのも特徴です。

発芽がしにくく、栽培が難しいため、生産者が増えず、需要に供給がおいついていないのが現状です。

甘々娘(かんかんむすめ)の詳細はこちら>>

ピーターコーン

とてもみずみずしく、甘みが強くて味も濃厚です。
黄色と乳白色の粒が特徴で、種子や遺伝の勉強の教材として、理科の授業で用いられることもあります。代表的なバイカラー中晩生種。

北海道産とうもろこし ピーターコーンの詳細はこちら>>

ゆめのコーン

甘みの強さと非常に柔らかな粒皮をもつ品種です。
食感ももちろん柔らかく、収穫後も甘みが比較的長続きする品種としても知られています。

とくに生で食べることをおすすめしている生産者が多いです。

北海道産とうもろこし ゆめのコーンの詳細はこちら>>

カクテルコーン

粒皮が柔らかく糖度が高い甘い品種です。
甘みはバイカラー種の中でも際立っています。

ボリューム感もあり、粒の並びがきれいで、色も鮮やかです。
粒も先まできれいに揃っているものが多く、優良品種のひとつです。

北海道産とうもろこし カクテルの詳細はこちら>>

さいごに

とうもろこしの品種はある程度は定番なものや優良品種や完成形と呼ばれるものが多いです。
海外では「とうもろこしは家畜の餌なのに、人間が食べるなんて日本人は変わっている」なんて考えることもあるとか。

発芽が難しく、生産性が低くても美味しいものを作りたいという
日本の生産者の心意気と努力は凄まじいものがありそうですね^^

どの、品種が一番美味しいのかというのが気になるところですが
とうもろこしは温度管理や土作りなど、育てる環境によって
同じ品種でも味わいは変わってきます。

品種はきっかけで、美味しさは生産者で選ぶ時代にもうすぐ変わってくるのかもしれませんね。

せっかく美味しいとうもろこしを食べるなら美味しく食べたいです。

とうもろこしをレンジで美味しく加熱する方法はこちらから>>

とうもろこしはレンジで3分!時間短縮で美味しい!ポップコーンにならず安心!



とうもろこしはレンジで3分!時間短縮で美味しい!ポップコーンにならず安心!

とうもろこしを食べようと思っても、以外に手間がかかります。
電子レンジで作れそうだけど、どれくらい加熱すればいいのか疑問です^^;

そもそも茹でたのと電子レンジだと、どっちが美味しいの?

そこで、今回は電子レンジでを使ったとうもろこしの加熱法を紹介します!

こんな内容を紹介していきます!
  • とうもろこしを電子レンジで加熱する 3つのポイント!!
  • ポップコーンになるんじゃないの!?
  • 茹でたのとどっちが美味しいの?
などをまとめているので美味しいとうもろこしが簡単にいただけます^^

スポンサーリンク



とうもろこしを電子レンジで!

とうもろこしを電子レンジで加熱する 3つのポイント!

  • 皮とヒゲを取る!
  • 塩を揉みつけて、ラップで包む!
  • 電子レンジで3分!

point1

皮とヒゲを取る!

皮付きのまま電子レンジで加熱することもできますが
若干、青臭さのようなものが残ったり、虫が入っていたりすると
全体に広がった感じがして残念な感じになります。
あらかじめ皮とヒゲを取るのがおすすめです!

皮とヒゲを取ったら水洗いします。このとき完全に水は拭き取らなくてOK!

point2

塩を揉みつけて、ラップで包む!

塩をつけることで甘みが引き立つのと
冷めたときにしわしわにならなくなるので塩を擦り付けます。

その後に、ラップでしっかりと包みます。

不十分に包むと。とうもろこしの水分が抜けたり
仕上がりにムラができたりして、食感が悪くなる原因になります。

しっかりとラップで包むのがポイントです!

point3

電子レンジで3分!

500Wの電子レンジで3分加熱します。
かなり熱くなるので、火傷に注意しましょう!

大きさや品種によって加熱時間は変わってきますが
3分くらいだとシャキシャキ感が残ることが多いので3分をひとつの目安にします。

加熱後、すぐにラップを剥がしてしまうとあっという間に水分が抜けて
しわしわになるので、粗熱が取れるまではそのままにしておきましょう。

これで出来上がりです^^

スポンサーリンク


ポップコーンになるんじゃないの!?

電子レンジでとうもろこしを加熱したら爆発してしまうのでは? と思うかもしれません。

結論から言うと問題なし!

日本のスーパーで売られているものと、
ポップコーン用ではとうもろこしの品種が違います。

とうもろこしの違い!
  • スーパーなどで販売されているもの ⇨ 甘味種、黄粒種、白粒種、バイカラー種
  • ポップコーンに使用されるもの ⇨ 爆裂種

爆裂種は乾燥させることで粒の皮がとても硬くなります。
他の品種ではこれほど硬くならないのでポップコーンにはなりません。

海外ではスーパーで爆裂種のとうもろこしを購入できるようです。

ちなみに動画では1本きれいにポップコーンになっていますが
若干乾燥があまかったので大きく破裂していないのだと思います。


茹でたのとどっちが美味しいの?

茹でる or レンジ ここがいいところ!

  • 茹でる ⇨ しゃっきり感がよく、塩加減の調節が簡単!
  • レンジ ⇨ 味がしっかり感じ、手間要らずで時短!

甘みに関しては茹でても電子レンジでもほとんど変わりません。
違いが大きく感じるのは、食感や歯ごたえです。

茹でたときのメリット・デメリット

茹でるととうもろこしの栄養素が水に流れたり、
熱で組織が破壊されるといったことが考えられますが
お湯から茹でるのではなく、水から茹でることで軽減することはできます。

ただし、好みの問題ですがこのシャッキとした食感は
とうもろこしによっては水っぽいと感じる要因にもなったりします。

一方で、塩茹でにする際は塩加減を確認しやすいというメリットもあります。

電子レンジのメリット・デメリット

電子レンジの場合は塩加減を確認することが難しいですが、
栄養素が外にでたり、組織が破壊されるといったことが少ないです。
そのため、味がしっかりとしている感じがします。

ラップの包があまかったりすると、
しわしわになりやすく、食感が失われやすいです。

茹でるよりも早く作ることができ
後片付けもとくにないので簡単なのが魅力です。

どちらにもいいところがあります。
一度食べ比べてみると、味の違いを感じられると思います^^

さいごに

電子レンジでとうもろこし! まとめ

  • 皮とヒゲをとる!
  • 塩を揉みつけて、ラップで包む!
  • 電子レンジで3分!!
  • ポップコーンにはならない!
  • レンジ ⇨ 味がしっかり感じ、手間要らずで時短!!
電子レンジでも茹でても、とうもろこしの甘さはほとんど変わりません。
なので、調理方法はお好みのものでもいいかなと思います。

いろいろ探求して最高のとうもろこしを!
熱々で甘くて美味しいとうもろこしを楽しむときの参考になれば嬉しいです^^

とうもろこしのおすすめの品種はこちら>>

とうもろこしの品種 おすすめ一覧! 生で食べられる甘い幻の美味しさがっ!



モバイルバージョンを終了