ネギトロの由来・語源とは? ネギのイメージは何故? 3つの考察!

ネギトロの由来・語源とは? ネギのイメージは何故?3つの考察!

手巻き寿司・軍艦・丼ぶりと何かと大活躍するネギトロ!
どうやらネギトロはねぎが入っていなくてもネギトロと呼んでいいらしい。

「ねぎ + トロ」じゃないの?

そこで、今回はネギトロの語源や由来について紹介します!

こんな内容を紹介していきます!
  • ネギトロの語源と由来とは?
  • なんでネギのイメージがあるの?
  • ねぎとろの発祥の歩み!
などをまとめているのでネギとトロの以外な関係に気付くかも^^

スポンサーリンク

ネギトロの語源と由来とは?

1964年に浅草の金太楼鮨本店で、まかないの“ねぎ取った”創作寿司を常連に振舞ったのがはじまりです。
マグロの中落ち部分を使用し、身を骨の周りから削り取っとものでした。

ネギトロの語源は建築用語で、地下構造物を作る時、地面より下の土を掘ることを「根切り」と呼んでいて、会長が浅草の名店『むぎとろ』に家族でよく出かけていたことから、語呂合わせで『ネギトロ』と名付けたそうです。

野菜のネギからきた語源ではないようです。

なんでネギのイメージがあるの?

ネギトロの由来にはねぎとの関係はありませんでしたが、やっぱり「ネギトロなのにねぎが入っていないなんて!」ってイメージがありますよね^^

なんで野菜のネギのイメージが結びついてきているのか、ずばり考察していきます!

ネギトロには「ねぎ」! 3つの考察!

  • 群馬で商品化!
  • 山梨の寿司文化!
  • トロの美味しさが多く広まったため!

point1

群馬で商品化!

1987年から、ネギトロが群馬(赤城水産)で商品化され、
誰でも気軽に食べられるようになりました。

80年代の寿司はちょうど、高級な料理屋で食べるものから、
回転寿司や持ち帰り寿司が広まり始め、
家族で食べられる庶民的なものに落ち着いてきた時期です。

寿司屋の通な方しか食べられていなかったネギトロも
この流れの影響も受けて広まっていたのだと考えられます。

群馬はマグロの消費量が現在でも上位にくるほどマグロ好きな地域です。
同時に、ねぎの生産量も上位に入ります。

江戸時代、明治時代の頃の群馬のお隣、山梨の甲府は静岡からマグロを運んでいました。
道中山道ということもあり、夏場は涼しく、早いと一晩で届けられていたようです。

海がない地域ですが、甲府は山道だけでなく、
富士川と駿河湾を結んだルートで船からも海産物が輸送され、
多くの海産物が届けられていたことがわかっています。
長野や群馬にもマグロや海産物が運ばれていたようです。

マグロを届ける静岡はマグロとねぎの消費量が上位の地域です。

マグロ好きとネギ好きが合わさった地域なので
ネギトロが商品化されたときも、食べ方の見本になっていたのかもしれません^^
スポンサーリンク

point2

山梨の寿司文化!

群馬で商品化されたネギトロですが、
起点となっていたと考えられる山梨は人口10万人当たりのすし店数が日本一です。

とくに、江戸前寿司の文化が大きく色づいています。
傷みやすい海産物を美味しく食べる知恵が加わったものだと思います。

そんなわけで、江戸の文化といえば「シャレ」です。
春夏冬で「あきない」と読ませてみたり、
するめをあたりめとしたりとシャレ好きな文化があります。

こういった文化の色を山梨をはじめ群馬にも伝わり
ネギトロは「ネギ + トロ」といったシャレが馴染んだのかもしれません

point3

トロの美味しさが多く広まったため!

江戸時代以前は、マグロと言えば赤身を指し、
トロの部分は寿司としてはほとんど食べられていませんでした。

もともと脂身であることから「アブ」と呼ばれていて、
大正時代になると人気な食材となり、
肉質がトロリとしていることから「トロ」と名付けられたそうです。

このトロが大人気になり定番なものになったことで
ネギトロもトロを使っているといったイメージと結びついたのだと考えられます。

さいごに

ねぎとろの発祥の歩み!

  • 1964年 ネギトロが生まれる!
  • 1987年 ネギトロが商品化される!
  • 現在 手軽にどこでも食べられている!
ねぎとろの語源は野菜のネギからはきていませんでしたが、
調べてみるとまんざら野菜のネギとの関係がないとも言い切れないものかもしれませんね^^
最近はスーパーで「ネギトロ」と「マグロのたたき」と混同を避けた表記もあったりします。

ネギトロは軍艦や手巻き寿司、丼ぶりなど美味しく食べられますが
夏は冷やし中華のトッピングとして載せるのがおすすめです!

冷やし中華の献立!付け合せにおすすめのおかずとは?3つのポイントで解決!>>

冷やし中華の献立!付け合せにおすすめのおかずとは?3つのポイントで解決!

スポンサーリンク


「はくしょん!」くしゃみの語源・由来とは? 日本と海外で比較!

なんで、くしゃみが出るの?

「はくしょん」 とくしゃみをすると
「誰かに噂されているんじゃないの?」と言われたりしますよね。

これが連続してくしゃみをした場合
「1回はほめられ、2回はふられ、3回はほれられ、4回は風邪」などと
言われたりもしますが、いったいどうしてくしゃみが出るのでしょうか。

くしゃみをする理由は、鼻に侵入した異物が粘膜に取り付いたときに

それを追い出そうとする反射という本能的な防御反応です。

毎年悩まされている人も多い花粉症は
花粉が飛ぶ時期に起こるアレルギー反応の総称ですが
その中で最も多くの人を悩ますのが
くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎です。

これは、呼吸によって吸い込まれた花粉が鼻の粘膜に付着して起きますが
このとき体内ではヒスタミンという化学伝達物質が放出され
それが鼻の知覚神経を刺激します。

その刺激が脳内のくしゃみを起こす中枢へ伝わると
くしゃみが出て異物である花粉を体外へ吐き飛ばそうとするのです。


また、風邪の初期症状のときに起こるくしゃみも
ウイルスの侵入を防ごうとする防御反応です

アレルギー性鼻炎や風邪以外だと
冷たい空気やホコリを吸ったり、香辛料を吸い込んだ刺激などでも
くしゃみが起こることがあります。

これらも反射という防御反応です。


スポンサーリンク


くしゃみの語源とは?

外国人がくしゃみをするところを見たことがありませんか?

外国の方がくしゃみをするとくしゃみの後に何か一言、相手に伝えていますよね。
実はこのくしゃみの後の一言がくしゃみの語源に大きく関係しています。


【アメリカ】

God bless you 神のご加護を


【ブラジル】

Saude 健康でありますように


【メキシコ】

Salud 健康をお祈りします


このようにくしゃみの後にお祈りの言葉を伝えているのです。

ではなぜ、くしゃみの後にお祈りの言葉を言うのでしょうか?

それは、くしゃみは世界中で縁起が悪いモノと考えられていたのです。

例えば中世では魂が飛び出てしまうと考えられていました。
なので、くしゃみの後にはお祈りの言葉がかけられるようになったのです。


スポンサーリンク


そこで新たな疑問が浮かんできます。

日本人はくしゃみをした後に誰もなにも言わないですよね。
「風邪?」とか「お大事に」なんかは言われるかもしれませんが
各国のようにお祈りの言葉をかけたりはしません。

ですが、昔は言っていました!
それがくしゃみの語源になっているのです。

その言葉とは「休息万命(きゅうそくまんみょう)」です。

休息は体を休める
万命は長生きしてくださいという意味で

体を休めて長生きしてくださいという言葉を言っていたのです。

相手に対する思いやりの言葉が詰まっていますね。

日本でもくしゃみは縁起の悪いモノとされていました。
そのため長生きしてくださいという意味の
休息万命という言葉を念仏や呪文のように唱えていたそうです。

この休息万命という言葉がだんだん短くなって
くさめとなりました。

兼好法師の随筆『徒然草』には、尼さんが「くさめ、くさめ」と
くしゃみよけの呪文を口にしながら歩いていたという記述があります。

そして江戸時代初期にくさめが変化して
くしゃみ自体をさすように変わったと考えられています。

つまりくしゃみの語源はお祈りの言葉から来ていたのです。

もし、誰かがくしゃみをしたら「休息万命」と
言葉をかけてみるのも面白いかもしれませんね。


スポンサーリンク