メンズボディソープのおすすめはコレだ!汗や加齢臭をビシっと対策予防!

メンズボディソープのおすすめはコレ!汗や加齢臭をしっかり対策予防!

梅雨の時期からじわじわと気になり始め、夏になると実感してしまう「ニオイ」
汗もさることながら、もしかして年齢からきてるのかも! と心配になります。

自分ではわかりづらいけど、人から指摘されたくないのが困りもの……。
ニオイや汗などの汚れをとるにはやっぱりお風呂ですよね^^

そこで、今回はニオイ対策ができるメンズボディソープを紹介します!

こんな内容を紹介していきます!
  • オールインワンで香りのコントロール!
  • 無香料系・定番系のメンズボディソープ!
  • 外出時はボディシートでケア!
などをまとめているので清潔感がアップするかも^^

スポンサーリンク

オールインワンで香りのコントロール!

どぎつい香水の人とすれ違って思わず「うっ」となった経験はありませんか?

最近は、整髪料だけでなく衣類に使用する洗剤や柔軟剤にも香りがつけられているものが多いです。
ひとつひとつはいい香りでも、「汗」「皮脂」「加齢」からくる臭いと
複数の香料が混ざると不快臭の原因になったりします。

とくに臭い対策の商品は強めの香りがつけられていることが多いです。

そこで使い勝手がいいのが「オールインワン」です。

髪から体まで使えるので、頭から足の先までの香りをコントロールすることができます。
メンズ系のボディソープの臭い予防の効果を加わって一石二鳥です^^

DHC MEN オールインワン ディープクレンジングウォッシュ

「汗」「皮脂」「加齢」による不快臭の原因になる皮脂や毛穴の汚れやハードワックスなどの整髪料もしっかりと落とせます。

男の不快臭が発生するプロセスに着目した成分や美容保湿成分でニオイと肌をケアします!

髪がややキシキシする感じがあり、気になるようであれば「DHC MEN スカルプケア トリートメント」と合わせて使うと髪も香りもまとまりがよくなります^^

DHC MEN オールインワン ディープクレンジングウォッシュの詳細はこちらから>>

無香料系・定番系のメンズボディソープ3選!

オールインワンに少し抵抗がある方におすすめのメンズボディソープを紹介します!
気になるニオイや皮脂汚れをもバッチリケアできて、スーパーなどで手軽に購入できます^^

ルシード 薬用デオドラントボディウォッシュ

「汗」「加齢」のニオイだけでなく、加齢臭とは違う
「ミドル脂臭」という新しいニオイの原因物質を発見し
そのニオイとアブラをしっかりとケアできるボディソープです。

無香料なので使いやすく、メントールのすっきり感があります^^

ルシード 薬用デオドラントボディウォッシュの詳細はこちらから>>

大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) 薬用スキンウォッシュ

2つの有効成分を配合し「汗臭」「体臭」を防ぎます。
顔も体も洗えるので、朝シャン派の方には手っ取り早くておすすめです!

メントールが抑えめなので、
夏場だけでなく冬場にも使えます。香りも抑えめです。
名前の通り、「潤い」を大事にしているようで、肌の乾燥が気になりません^^

なにより売り場で見つけやすいデザインなのが魅力です。

大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) 薬用スキンウォッシュの詳細はこちらから>>

メンズビオレ デオドラントボディウォッシュ

デオドランド成分配合で汗や体のニオイを防ぎます。
汚れをすっきり落としつつ、保湿成分も含まれているので肌にやさしいです^^

「ミントの香り」は好みがわかれることが多いですが
「せっけんの香り」は女性にも評判がよかったりします。

価格もリーズナブルなので、ちょっと試してみるのにもおすすめです。

メンズビオレ デオドラントボディウォッシュ せっけんの香りの詳細はこちらから>>

スポンサーリンク

外出時はボディシートでケア!

ボディソープでニオイ予防をしても、外出先で汗をかくことが多く、ニオイが気になります^^;
とくに夏場はスメハラなどと言われかねません。

そんなときは、ボディシートを使ってみましょう!
ニオイや、肌のべたつきを抑えてさっぱりとします^^

ニオイ予防の成分や香りなどがぶつかりずらくなるので
できるだけボディソープと同じメーカーのボディシートと合わせて使うのがおすすめです。

ルシード リフレッシュデオペーパー

後頭部、首、ワキなどを1枚で拭き取る、液をたっぷり含んだ全身用ペーパーです。
「ルシード 薬用デオドラントボディウォッシュ」と同じく汗や皮脂、ミドル脂臭を抑えてくれます。

無香料なのである程度、場所を選ばず使用できます。

液がやや多めに感じるので肌が敏感な方は、
首周りなど敏感なところから吹かずに腕や胸などから吹いたほうが安心です^^

ルシード リフレッシュデオペーパーの詳細はこちらから>>

大塚製薬 ウル・オス 大人のボディシート

ボディシートに厚みがあるので、しっかり吹いてもボディシートが丸まりにくいです。ッキリとした香りで肌がサラリとします。

「大塚製薬 UL・OS 薬用スキンウォッシュ」と同じく保湿成分で肌の乾燥を防ぎます。

ニオイ予防については、どちらかというとシトラスハーブの香料による
ニオイの打ち消しや調和によって対策しています。

大塚製薬 ウル・オス 大人のボディシートの詳細はこちらから>>

メンズビオレ 薬用デオドラントボディシート

「まるでシャワーを浴びたような爽快感」と謳われるように
全身拭けて身体がすーっと涼しくなります。

防臭(殺菌)成分配合で、ニオイ長時間防止してくれます。
皮脂吸収パウダーでサラサラ肌が続きます。

女性の使用者も多く、香りもすっきりとしています。
香りはオレンジ、ライム、クールオーシャン、石けんといくつか種類があります。

コロコロデザインが変わるイメージがあるので
購入の際は注意しましょう^^;

メンズビオレ 薬用デオドラントボディシートの詳細はこちらから>>

さいごに

意識から変えられる予防対策なので、
気になったら「ちょっと試してみるか」くらいの気持ちからスタートしてみましょう。

お風呂はリラックスするのが何よりです。
ボディソープで体をきれいに、ニオイと汚れさっぱりと!

ボディソープはたくさん種類があるので、自分に好みのものを探すのも楽しいものです。
そんなときの参考になればと思います^^

スポンサーリンク

「はくしょん!」くしゃみの語源・由来とは? 日本と海外で比較!

なんで、くしゃみが出るの?

「はくしょん」 とくしゃみをすると
「誰かに噂されているんじゃないの?」と言われたりしますよね。

これが連続してくしゃみをした場合
「1回はほめられ、2回はふられ、3回はほれられ、4回は風邪」などと
言われたりもしますが、いったいどうしてくしゃみが出るのでしょうか。

くしゃみをする理由は、鼻に侵入した異物が粘膜に取り付いたときに

それを追い出そうとする反射という本能的な防御反応です。

毎年悩まされている人も多い花粉症は
花粉が飛ぶ時期に起こるアレルギー反応の総称ですが
その中で最も多くの人を悩ますのが
くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎です。

これは、呼吸によって吸い込まれた花粉が鼻の粘膜に付着して起きますが
このとき体内ではヒスタミンという化学伝達物質が放出され
それが鼻の知覚神経を刺激します。

その刺激が脳内のくしゃみを起こす中枢へ伝わると
くしゃみが出て異物である花粉を体外へ吐き飛ばそうとするのです。


また、風邪の初期症状のときに起こるくしゃみも
ウイルスの侵入を防ごうとする防御反応です

アレルギー性鼻炎や風邪以外だと
冷たい空気やホコリを吸ったり、香辛料を吸い込んだ刺激などでも
くしゃみが起こることがあります。

これらも反射という防御反応です。


スポンサーリンク


くしゃみの語源とは?

外国人がくしゃみをするところを見たことがありませんか?

外国の方がくしゃみをするとくしゃみの後に何か一言、相手に伝えていますよね。
実はこのくしゃみの後の一言がくしゃみの語源に大きく関係しています。


【アメリカ】

God bless you 神のご加護を


【ブラジル】

Saude 健康でありますように


【メキシコ】

Salud 健康をお祈りします


このようにくしゃみの後にお祈りの言葉を伝えているのです。

ではなぜ、くしゃみの後にお祈りの言葉を言うのでしょうか?

それは、くしゃみは世界中で縁起が悪いモノと考えられていたのです。

例えば中世では魂が飛び出てしまうと考えられていました。
なので、くしゃみの後にはお祈りの言葉がかけられるようになったのです。


スポンサーリンク


そこで新たな疑問が浮かんできます。

日本人はくしゃみをした後に誰もなにも言わないですよね。
「風邪?」とか「お大事に」なんかは言われるかもしれませんが
各国のようにお祈りの言葉をかけたりはしません。

ですが、昔は言っていました!
それがくしゃみの語源になっているのです。

その言葉とは「休息万命(きゅうそくまんみょう)」です。

休息は体を休める
万命は長生きしてくださいという意味で

体を休めて長生きしてくださいという言葉を言っていたのです。

相手に対する思いやりの言葉が詰まっていますね。

日本でもくしゃみは縁起の悪いモノとされていました。
そのため長生きしてくださいという意味の
休息万命という言葉を念仏や呪文のように唱えていたそうです。

この休息万命という言葉がだんだん短くなって
くさめとなりました。

兼好法師の随筆『徒然草』には、尼さんが「くさめ、くさめ」と
くしゃみよけの呪文を口にしながら歩いていたという記述があります。

そして江戸時代初期にくさめが変化して
くしゃみ自体をさすように変わったと考えられています。

つまりくしゃみの語源はお祈りの言葉から来ていたのです。

もし、誰かがくしゃみをしたら「休息万命」と
言葉をかけてみるのも面白いかもしれませんね。


スポンサーリンク